帰国子女の悩みドコロ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰国子女の悩みドコロ

帰国子女にだって、悩みくらいあるもんだ。そんな自身の悩みを学問として追及していたら、大学院にまで来てしまったというお話。

帰国子女を悩ます「英語でなんかしゃべって」は真面目に考えるだけ損

f:id:practice_makes_better:20170217150541j:plain

 

どーもー、おりばーです。

 

以前の投稿にて、

 

「英語でなんかしゃべって!」を「死のワード」と表現してたね。

 

君も言われたことあるんじゃないかな?

 

どう返そうか悩むよね。

 

真面目に返そう。

誤魔化してみよう。

頑張って面白く返そう。

 

 

色々工夫してみても、

最終的に気分良く去ることができない。

 

そんな経験あるんじゃないかな?

 

なぜこの言葉は

こんなにも返すのが難しいのだろう。

 

各パターンがどういう結果を生むのか、

一緒に考えてみよう。

 

 

 

真面目に返す

 

僕も帰国したての頃は、

ずっとこの方法をとってたっけな。

 

Hi, I'm Oliver, and I like doing blah blah blah...

 

のように自己紹介っぽいことを言ってみたり、

その場の状況に合うようなフレーズを言ってみたり、

 

でも、これがどういう結果を招くかはもう分ってるよね?

 

素直に英語で返すと、

何こいつ調子に乗ってるの?

英語出来る自慢ですか?

 

みたいなをされるんじゃないだろうか。

あのなんとも言えない、微妙な居心地の悪さ!

うぉーーーー!思い出しただけでもなんか腹立ってきた!

 

英語でしゃべれ言うたのお前じゃんかーーー!?

 

ってね。

 

 

喋れないフリをして誤魔化す

 

真面目に返して、何度か嫌な顔されたら、

よし、これはもう英語しゃべんないほうがいいのでは!?

ってなるんだよね。

 

そこでプランB

 

「いやー急に言われてもなー、あははは」

「うーーん、会話の相手が居ればできるんだけどなー」

「恥ずかしいからムリだよぉー」

 

いろいろ状況や相手に応じて、発言しなくていいように誤魔化してみる。

 

でも、これも決していい結末を迎えるわけではない。

 

「なんだよ、大したことないじゃん」  (ほっとけ!)

「えー、うわ、空気ヨメヨー」  (なんの空気だ!)

「は?なにそれ、つまんね」   (つまんねー質問するからだろ!)

 

うわ!想像しただけでなんか凹んできた!

色々嫌なもん思い出してきたわ!

アイツだよアイツ!くそーーー!腹立つーー!

 

 

失礼・・・。色々過去のトラウマが・・・。

 

もちろん、上手く誤魔化せることもあるかもしれない。

けれども、こういうイヤーーーな対応されたこともあるんじゃない?

 

言われたとおり返してもダメ

誤魔化そうとしても結局ダメ

 

んじゃどーすればいいのよ!?

 

 

頑張って面白く返す

 

ここまで来た「あなた」は最終手段、

プランCに移行する。

 

グーグル先生の力を借りて、

「英語 何かしゃべって 返し方」

とかで検索するんじゃないだろうか?(僕も中学の頃してました、ええ。)

 

そこで色んな記事や掲示板に出会う。

 

こう返せばいいよー!

こう返したらスカッとしたよー!

こうしたら上手くいきましたー!

 

など、同じ悩みを抱えている人の多さに驚く。

 

そこで、

次こそはこう返してやろう!

って決めるんじゃないだろうか?

 

一発ギャグっぽいのを仕込んでおいたり、

代表例:有名なフレーズ系、カタカナ発音系、英語じゃないじゃん系

  • "I am your FATHERRRRRR"
  • "Thisu izu a pen"
  • "Wengardium LeviOsa!"

 

こっそり嫌味混じりなフレーズを用意したり、

  • "That is a stupid question you know."
  • "Your Japanese sucks."
  • "Talking to you is like talking to a sack of potatoes. I love it."

 

もうこの際だから(どの際だ)汚い単語を言ってみたり、

  • "#%!@"
  • "&#%$"
  • "@$!%#"

 

 

色々用意してみる。

次こそ!次こそは上手く返してやるんだ!

そう、心に誓って・・・。

 

でも、考えてみて欲しい。

ホントにそこまで考えに考えて、

上手く返す必要のある問題なのだろうか?

 

 

聞き手は何も期待していない

 

「英語でなんかしゃべって」

と言う人の気持ちになってみよう。

 

なんでそのようなことを聞くのだろうか。

 

本当に英語に憧れがあって、

ネイティブな発音が聞きたくて、

是非とも今!あなたの口から!私のお耳に!

聞かせて頂きたく思いまするーーーー!!

 

なんて人は居ない。断言する。

 

だからと言って、

わざと意地悪に聞いてきている

なんて人もあまり居ないだろう。(中にはこういう人も居るだろうけど

 

では何故このようなことを聞いてくるのか?

 

単純な話で、

なんの意図もないし、特に考えて言ったわけでもない。

ただそれだけ。

 

悪気があるわけでもないし、

別に答えの中身に興味があるわけでもないし、

強いて言うなら、

あなたという人間にそこまで興味があるわけでもない。

 

人間なんて、そんなもんだ。

適当に会話を繋げるために言っただけ。

 

僕たちを悩ますコトバの正体って、実はそんなもんだったりする。

面白くもなんともないし、聞く必要性も一切ない。

何も生み出さないし、誰も得をしない。

 

そんな適当なコトバに、

これだけ多くの人が傷つけられ、

悩まされ、

時間と労力を取られている。

 

だから僕は提案する。

 

結論!こんな下らないコトバに頭を悩ませないで!

 

どう返せば上手くいくんだろう、

なんて言えば嫌われないんだろう、

 

こんなことで頭を悩ませるのはもう今日でおしまい

 

こんな下らないコトバのせいで、

「あなた」の大切な時間を無駄にする必要も、

「あなた」が傷つく必要も一切ない。

 

どう返しても、どう工夫しても、

いい気分になるものではないんだ。

 

だって、意味もなく、価値もない、そんなコトバなんだもん。

 

だから、もうこのコトバに悩まされないで。

あなたは何も悪くないのだから。

 

もし、また言われるようなことがあったら、

いつぞやのアイツみたいにビシッと言ってやればいいのさ。

 

「英語でなんかしゃべってよ!!」

「は?なにそれ、つまんね」

 

ってね。(いや、違うだろう!

 

こんなコトバに悩まされることがない世の中、

そんな日が来ることを心から願おうじゃないかー。

 

 

では、僕から以上っ!!

 

 

Thumbnail photo credit: DiariVeu - laveupv.com GettyImages - tristor via photopin (license)

広告を非表示にする