帰国子女の悩みドコロ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰国子女の悩みドコロ

帰国子女にだって、悩みくらいあるもんだ。そんな自身の悩みを学問として追及していたら、大学院にまで来てしまったというお話。

大学図書館内の飲食について納得がいかないこと

雑記
本日のテーマ  自由帳
図書館と飲食

 

どーもー、おりばーです。

留学先は現在イースター休暇の真っ最中。
大学院の図書館も閉まってて研究のスイッチがまーったく入らない。

 

というわけで、今日はただの雑記。
あんまり雑記を書かないけど、ホリデー脳でマジメな記事を書く気力が無いもので。
読者の皆さんお許しくださいませませ。

 

「図書館が閉まっている」というわけで、今日のテーマは「図書館」

f:id:practice_makes_better:20170418143242j:plain

 

大学図書館について、納得いかないことがある。
それは、図書館内における「飲食」について。

僕が通っている大学院の図書館における飲食のルールはこのようになってる。 

基本的には飲食禁止。例外として以下のものを認める。

① 大きな音を立てないもの
② 匂いが強くないもの

水筒のお水を飲むくらいならばOK。
チョコレートをササっと口に入れるのもまぁOK。 

バリバリと音を立ててポテトチップスを食べるのはダメ。
ピザなどの匂いのするものを食べるのも当然ダメ。

単純明快で、わかりやすいルールだ。

まぁ図書館という場所だから基本的に飲食禁止なのは当然だろう。
むしろ図書館内で食事を取ろうなんて思う方がおかしいと思う。
けど、こっちの学生さんは結構ランチボックスを広げてパクパク食べている。

サンドイッチだったり、夕飯の残り物っぽいものだったり。

でも、基本的には音の出ないもの、匂いのしないもの、というルールに沿った範囲内で、申し訳なさそうにコソコソ食べてる。

だから別になんとも思わない。

食べる間も惜しんで勉強しなきゃいけないという気持ちは分かるし、応援したくなる。

僕も研究に行き詰った時は、チョコレートとかグミをコッソリ食べる。
もちろん、申し訳なさそうに、コソコソと。

 

問題なのが、「リンゴ」だ。


僕の留学先は、お洒落さんな学生が多い地域で、

ベジタリアン
ヴィーガン
マクロビアン

などの、食にこだわりを持っている人がとにかく多い。
アレルギーや体質のせいではなく、信条やダイエットとして自主的にやっている人ばかり。
オーガニックという言葉が妄信的に崇拝され、最先端のお洒落フードに目がない。
(その割には肥満体系の方が非常に多いんだけどね)

そういう人は、
ジャンクフードなんて!
ファストフードなんて!
という感情がとても強く、一緒に食事をするだけでも気を使うことが多くて疲れる。

以前住んでいたシェアハウスの同居人もヴィーガンで、もう気を使いっぱなし。

そんなお洒落さん御用達のおやつが「リンゴ」だ。

そりゃもう、まるかじり。
皮ごとバクっと。

そしてこのまるかじりってのが、ものすごい音なんだ。

パク?
シャリ?

そんなもんじゃない。
新鮮なリンゴを、皮ごとバクっと食べたときの音はそんなかわいいもんじゃない。

 

 

ガッポン!
ボッキュン!!
ガップリン!!!

f:id:practice_makes_better:20170418203046p:plain

肉片がエグり取られるようなおぞましい音。
生命が散ってゆく音。

そしてまだ新鮮な果肉を、歯ですり潰してゆく。

ガシュ!ガシュ!
ゴリュ!ゴリュ!

おぞましい音を立てて、リンゴは咀嚼されてゆく。

普段ならばそこまで気にならない音だろう。
でも、図書館の静寂の中では、この音がまるで道路工事のように響き渡る。

うるさい。
うるさすぎる。

  

そんな音の大きさを、百歩譲って許したとして、それでも納得いかないのが・・・
彼ら彼女らの「ドヤ顔」だ。

コンクリートを掘削するドリルのような咀嚼音を響かせながら、奴らは清々しい顔をする。

「俺、食べるものにはめっちゃ気を使ってるからさっ!」
「私はオーガニックなものしか受け付けないわっ!」

という言葉が、顔から滲み出ているようだ。

チョコレートやキャンディーの包み紙の音を物凄く申し訳なさそうに立て、コッソリと食べている学生たちをまるで見下すかのように。
食べているものの栄養価が高いからといって、優越感に浸っている

 

ぜんっぜん納得がいかない!!

 

大学図書館での飲食で大事なのは、音を立てないことと、匂いを出さないこと。
そして何より、堂々としないことだと思う。

原則的には飲食禁止なのだから、仮に小腹が空いたのならパパっと済ませてよ。
人目に付かない形でやってくれよ。
体裁だけでもいいから、せめて申し訳なさそうな素振りをしてくれよ

それを、スナック菓子じゃなくて、フルーツを食べているからという理由で堂々とされる。
優越感に浸った表情で音を立てて、自らの存在を図書館のフロア中に知らしめる。

 

果汁はじけてますけど!?
PCの画面にめっちゃ飛んでますけど!?
本にもかかっちゃいますけど!?

 

栄養価の問題じゃないだろ!!

 

だったら明日から真横でオールブランでもグラノーラでも食べてやろうじゃんか!
ボリボリボリボリボリボリボリボリボリボリボリボリ!!!

 

あーーーー!納得がいかないーーーーー!!

 

 

**************** 

という記事を、先週書き溜めていた。
まさに真横の席でリンゴを食べている人が居てムカついたから。

こういう下らないこと書いてるから、研究が進まないんだよなぁ・・・。

下書きに書き溜めてあるいろいろな雑記も、たまには公開してみようかな。
臆病者なので読者さんの反応を見て考えるとしよう。
そうしよう。


では、僕から以上っ!!

広告を非表示にする