帰国子女の悩みドコロ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰国子女の悩みドコロ

帰国子女にだって、悩みくらいあるもんだ。そんな自身の悩みを学問として追及していたら、大学院にまで来てしまったというお話。

帰国子女

僕らは何歳まで「帰国子女」であり続けるのだろうか

「子女」という言葉の通り、「帰国子女」は海外赴任者の子どもを指した言葉。僕らは子どもじゃなくなっても、「帰国子女」と呼ばれ続けるのだろうか。社会に出ても、肩書きでしか見られないことの辛さについて考えてみた。

「英語ができない帰国子女」だって普通に居ることを分かって欲しい

「帰国子女は英語ができて当たり前」。その世間での認識が、英語ができない帰国子女たちを苦しめている。帰国子女から英語を引いたら何が残るのか、考えてみよう。

帰国子女は空気が読めないくらいがちょうどいい

「帰国子女=空気が読めない」。世間一般で広がっているこの認識。なぜ帰国子女は空気が読めないと言われるのか、そして本当に空気を読む必要があるのかについて考えてみよう。

「帰国子女」であることがその人の性格を決めるわけではない

「帰国子女あるある」とかで良く耳にする、帰国子女ってこうだよね、という考え。「帰国子女」は何故共通の特徴・性格があるかのように考えられてしまっているのか。その理由と危険性について考えてみよう。

僕らは、英語の「ネイティブ」には一生なれない

日本で英語教育を語るにおいて、必ず話題に出るであろう「ネイティブ」。「ネイティブ」とは一体なんなのか、その言葉の意味を探りつつ、今の日本社会におけるネイティブ信仰のあり方について、一緒に考えてみよう。

英語が「ペラペラ」って表現が嫌い

言語が流暢な人のことを、「ペラペラ」って言うけど、「ペラペラ」とは言われて気分のいい言葉なのだろうか?どーもこの言葉が好きになれない、その個人的な理由を話すとしよう。

「帰国子女ってずるい」と「帰国子女が羨ましい」は全然違う

帰国子女は何故「ずるい」と言われてしまうのか。「ずるい」と「羨ましい」の言葉の違いに触れつつ、その言葉の裏に何があるのか、一緒に考えてみよう。

帰国子女を悩ます「英語でなんかしゃべって」は真面目に考えるだけ損

帰国子女をコロす言葉、「英語でなんかしゃべって」。返答をあれこれ工夫してみても、気持ち良く会話が進むことなんて滅多にない。そうなる理由と、本当はどうすればいいのかについて、一緒に考えてみよう。

「帰国子女」の定義について考えてみよう

「帰国子女」という言葉の定義について考えたことがあるだろうか?国の定める定義と、世間における認識の差について一緒に考えてみよう。